国分寺駅でレッドアローの予約切符を買う

 秩父に住んでいる小さな孫に会いに行く予定日が近づいてきたので、午後から国分寺駅にレッドアローの切符を買いに出かけた。

 国分寺の駅は昔から比べると見間違うほどの変わりようであるが、もう見慣れていて違和感はない。時々殿ヶ谷戸公園に行ったりしているからでもある。
 西武線の駅で駅員の説明を聞くと時刻表は今年の3月の時刻表と全く変わりがない。いつものように往復の切符を買った。
 西武戦のレッドアローで思うことは、小田急線のロマンスカーである。吉祥寺からは西武戦の西武秩父と小田急の小田原とちょうど同じくらいの時間距離にある。どちらもいろいろな思い出がある古い街である。
 ロマンスカーに乗るときには新宿にでるが、レッドアローに乗るときには池袋ではなく国分寺経由で所沢にでるという違いはある。
 西武線の沿線も小田急線の沿線も開発されて沿線の風景は大きく変わってきている。そこを走り抜けるレッドアローとロマンスカーは、いつも素晴らしい静かな空間を夢とともに運んでくれているのがいい。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中