亜細亜大学で五大学共同教養講座「現代フィリピンを考える」を聴く

 午後から家を出て吉祥寺駅に向かった。亜細亜大学に着いた時まだ開講に時間があったのでノートと帽子をいつも座る席の机の上に置くと図書館に行った。

 太田構造記念館の図書館の7階に行くと久しぶりに「史林有声・中国歴史随想」陳舜臣の続きを読んだ。席に戻るとすでに大勢の受講生が席に着いていた。

 亜細亜大学で五大学共同教養講座「現代フィリピンを考える」第3回を聴く。講義は非常にわかりやすい。時々写真を写しながら講義がつづく。
 外に出ると暗くなっていた。いつも通るお茶と栗の道をまっすぐに歩き、突き当たって左に曲がり武蔵境駅北口を目指した。
 吉祥寺東口から外に出るとまだ賑やかかな通りの人波を抜け帰路についた。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中