庭の草取りをする

 夏草が茂っていたころ、秋になったら草を取ることにしていた。しかし秋に少し草を取っただけで今日を迎えてしまった。

 草の葉はすっかり枯れて細く小さくなっているが根はまだしっかりしている。でも草の根は夏ほどの固さはなく、強引に引っ張れば抜けるが土の面が荒れてしまう。
 15センチほどの長さの植木ばさみで草の根を切った。それから草をひきぬけばいとも簡単に抜ける。雑草の茂る姿が好きなので、茂みに向かう時には眺めていたいのであった。枯れ草になった姿はもう美しくはなくなっていたが、秋の初めには蚊がたくさん棲んでいたので近寄りたくはなく、ただ遠くから眺めていた。
 庭の一部にある石畳の縁には小笹が伸びていて、刈り取らなければならなかったのだが次に回すことにした。小さな庭なのであるが、草を取る段になると結構時間がかかり腰も痛くなるのである。
 庭の草を取りながら低い目線で辺りを見回すとき、いささか植物たちの声が聞こえるような気がするのもまた楽しい。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中