電話機を新しくする

 ごく最近、電話機の子機の呼び出し音が鳴らないことがあった。最初は電池が充電されなくなったのかと思ったが、いじっているうちに時として呼び出し音が鳴ることもあった。

 昨日ラオックス吉祥寺店で電池を買って取り換え、10時間過ぎた今朝その子機を取り上げてみると充電されている気配がなかった。送信ボタンを押しても数秒で切れてしまうからである。子機をなお調べてみると繋がるときがときどきあることもわかった。
 シャープお客様センターに電話してそのことを聴いてみると、治すことは出来るが費用はかなりかかるという。子機と親機は無線で連絡しているから子機のほうばかりに原因があるとは限らないとも云った。
 親機を調べているとき金属製の伸び縮みする無線アンテナに触れたところ、子機にひどい雑音が発生してアンテナが悪いこともわかった。
 そこで治すより買い替えたほうが安いこともあるということもあってラオックス吉祥寺店に行ってみることにした。
 店に入って店員に電話機の状態を話して意見を求めると、アンテナの不調であると思うが調べてみないとわからないとのことである。修理は製造元に頼むが年末でおいそれとは行かないだろうし、その結果修理部品代などがかかることもあり1万円はみていたほうがいいという。
 もし新しい電話機を買うとするとどのような電話機があるのか店員と一緒に探してみると、ボタンの文字が大きくて基本機能ボタンが明瞭で使いやすく、子機の重さが軽くアンテナ内蔵の電話機が見つかった。今までのシャープではなくパナソニックの電話機で値段も1万8百円である。購入価格が1万5百円以上だから5%の金額を負担すれば保証期間を5年延長できるという。
 しばらく思案して購入することに決めた。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中