「江戸・東京の地理と地名」を読む・駐留軍として江戸に進駐した家康

 「荒野に見えた江戸」には次のようにある。

 「豊臣秀吉の命令によって、江戸を本拠に関東六カ国(伊豆、相模、武蔵、上総、下総・上野)を統治することになった徳川家康は、天正十八(1590)年八月一日、府中から甲州街道を通り、約一万の軍団を従えて江戸城に入った。それ以来この日は、八月朔日(一日)=八朔として江戸時代を通じて最も重要な年中行事として祝われるようになった。」
つづく。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中