中国企業による日本買収は歴史の必然! 2011年のメインターゲットは食品産業|年末年始SPECIAL 2011年ニッポン吉凶占い!|ダイヤモンド・オンライン

一方、日本の食品メーカーの事情はどうか。国内では巨大な食品メーカーであるキリンやサントリーでも、世界レベルでは大企業の下のレベル。まして、その他の食品メーカーは、世界レベルでは規模は小さい。

それでも生き残ってこれたのは、人口1億2000万人を擁する国内市場が、相対的に大きかったためだ。しかも、食品産業はキャッシュフローが潤沢で、歴史の長い企業が多いため、内部蓄積も厚い。なかなか買収されにくい体質なのである。

だが、中長期的にみれば、人口の減少でまさに「人」の「口」は減るばかり。企業成長を求めるのであれば、海外市場なかでも中国市場に目を向けざるをえない。ブランドを求める中国企業と市場を求める日本企業。ここに日中間のM&Aが増加すると予想される背景がある。

引用元: 中国企業による日本買収は歴史の必然! 2011年のメインターゲットは食品産業|年末年始SPECIAL 2011年ニッポン吉凶占い!|ダイヤモンド・オンライン.

なかなか面白い!!! 確かに中国の進出は歴史の必然といえる!!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中