根岸さん 人工光合成に挑戦へ NHKニュース

根岸英一さんが、去年ノーベル化学賞を受賞した「クロスカップリング反応」は、特殊な金属の触媒を使って有機物どうしを結びつけるのが特徴で、この触媒はこれまで液晶テレビや医薬品などの開発に利用されてきました。根岸さんは、こうした金属の触媒を使って、地球温暖化の解決に挑む研究プロジェクトを新たに立ち上げることになりました。具体的には、金属の触媒を使って二酸化炭素からコメや麦のような食料やバイオエタノールのような燃料を作り出す、「人工的な光合成」とも言える新しい化学反応の発見を目指すということです。プロジェクトには、東京大学や京都大学など国内のおよそ120人の研究者が参加を予定し、根岸さんは、研究費の確保のため今月18日にみずから文部科学省を訪れ、計画を説明することにしています。根岸さんは「化学の力によって二酸化炭素から有益なものを作り出すことで温暖化防止に取り組みたい。日本の英知を結集するこのプロジェクトをぜひ実現させたい」と話しています。

引用元: 根岸さん 人工光合成に挑戦へ NHKニュース.

##素晴らしい!!!##

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中