名大ら、プラスチック基板上で高性能なCNT集積回路の動作に成功 | エンタープライズ | マイコミジャーナル

###なかなか面白そう!!!###

今回、開発された技術は、任意の基板材料に高性能なCNT薄膜を形成することができるものであり、研究グループでは、プラスチック基板上にCNT-TFTを集積化し、リング発振器やフリップ・フロップなどの集積回路の動作を行った。この結果、論理ゲートあたりの遅延時間は12μsの高速動作を実現した。なお、今回作製したフリップ・フロップは、世界で初めてCNTを用いて実現した順序論理回路になるという。

引用元: 名大ら、プラスチック基板上で高性能なCNT集積回路の動作に成功 | エンタープライズ | マイコミジャーナル.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中