選択式夫婦別姓議論と「日本人の姓/名字」の歴史[絵文録ことのは]2011/02/15

###なかなか面白い!!!###

ややこしいことに、今「名字/苗字」と「氏」と「姓」という言葉はほぼ同じ意味で使われているが、もともとはまったく別のものだった。「中国では夫婦別姓だ」というのだが、中国には姓はあっても名字はないから、日本の「夫婦別姓」とは事情が異なる。

もともと、古代から日本人は「氏(うじ)」と「姓(かばね)」を持っていた。氏名(うじめい)というのが本来の氏族名である。たとえば蘇我氏というのは蘇我という氏名(うじめい)を持つ一族だった。同様に物部とか大伴とか中臣とか、時代が下って藤原とか源とか平とか橘というのが氏名にあたる。

引用元: 選択式夫婦別姓議論と「日本人の姓/名字」の歴史[絵文録ことのは]2011/02/15.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中