OS運用記録2月2

###なかなか面白い!!!###

復活~UNIX入門

一年半ぶりにUNIX入門ページのコンテンツ更新を再開することにした。

パスの記述の仕方

UNIXでは変更したいファイル、ディレクトリなどのオブジェクトを記述する時にほとんど全てパスを記述します。

UNIXでは全てのシステムの動作が「ファイルを読む」「ファイルに書き込みをする」という動作に収斂しているということは以前に書きました。

どういうことかというと、モニタースクリーンやキーボードすらUNIXのシステムからは「ファイル」として見えていて、モニターへの出力は「モニターファイルに書き込み」、キーボードからの入力は「キーボードファイルからの読み出し」というふうに認識しています。

そしてそのファイルは全てパス管理されています。

なのでパスはコマンドを書く時にも重要な意味を持ちます。

引用元: OS運用記録2月2.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中