京大ら、虫歯の病原因子である酵素の立体構造を解明 | エンタープライズ | マイコミジャーナル

###なかなか面白い!!!###

虫歯(う蝕)は全世界人口の7割、日本人の9割が患っている身近な生活習慣病であり、砂糖の摂取が原因となって発症する。虫歯の進行に伴い、痛みや歯を失うだけにとどまらず、長期間放置すると敗血症を引き起こして死亡する例も報告されているほか、虫歯発症の原因となる歯垢(プラーク)は口臭や歯周病、誤嚥性肺炎の原因にもなっている。

虫歯の病原因子としては、すでに口腔中のストレプトコッカス・ミュータンス菌に由来する酵素であるGSaseが同定されている。虫歯は、口腔中に砂糖が存在する状態でGSaseが粘着性多糖であるグルカンを合成、その後、グルカンは食べカスや他の口腔細菌を巻き込んで歯垢を形成し、内部で口腔細菌が増殖。歯垢内部で口腔細菌により酸が産生されることで歯が脱灰して、虫歯が進行するという流れとなっている。

引用元: 京大ら、虫歯の病原因子である酵素の立体構造を解明 | エンタープライズ | マイコミジャーナル.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中