世界初、柔軟性のある有機マイクロプロセッサ – スラッシュドット・ジャパン

###なかなか面白そう!!!###

ヨーロッパのナノエレクトロニクス企業Imecの研究者らが、International Solid-State Circuits Conferenceにて世界初となる柔軟性を持つ有機マイクロプロセッサを開発したと発表した。

「4000のトランジスタ、8ビット論理回路は1970年代のシリコン素子と同レベルの処理能力しかないが、曲げられるという利点を持つ。このデバイスの開発者らは、このチップはより安価な柔軟性のあるディスプレイやセンサなどに利用できると述べている。たとえばパイプに巻き付けたり、平均水圧を記録できるプロセッサ付きのセンサシート、食料を包んでその食品がまだ食べられるかを表示したり、薬剤を包んで薬を摂取し忘れを防止する、といった利用例が挙げられている。

引用元: 世界初、柔軟性のある有機マイクロプロセッサ – スラッシュドット・ジャパン.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中