米地質調査所もM9.0に修正 NHKニュース

###なかなか面白い!!!###

今回の地震について、アメリカの地質調査所は、これまでマグニチュードの大きさを8.9と発表していましたが、観測データを詳しく調べた結果、9.0に当たる規模だったとしています。地質調査所によりますと、これは、1900年以降に発生した世界の地震のなかで、4番目の規模になります。このうち最も大きかったのは、1960年に南米のチリ沿岸で起きた「チリ地震」のマグニチュード9.5で、このときは日本にも津波が押し寄せて、142人の犠牲者が出ました。次いで、1964年にアメリカのアラスカ州で起きた地震のマグニチュード9.2、さらに、22万人を超える犠牲者が出た2004年のインドネシア・スマトラ島沖の地震のマグニチュード9.1となっています。今回の東北沖の巨大地震の規模については、日本の気象庁も13日、それまで8.8だったとしていたマグニチュードを9.0だったと発表していました。

引用元: 米地質調査所もM9.0に修正 NHKニュース.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中