震源の海底 5メートル隆起 NHKニュース

###なかなか面白い!!!###

東北大学地震・噴火予知研究観測センターの日野亮太准教授の研究グループは、巨大地震の震源域に当たる宮城県沖合200キロの深さ5800メートルの海底に設置された水圧計の観測データを地震のあとに回収し、詳しく分析しました。その結果、海底が地震の直後におよそ5メートル盛り上がっていたことが分かりました。今回の地震の震源域は南北450キロに及んでいて、研究グループは震源域の海底が最大で5メートル跳ね上がったことで、太平洋沖で巨大な津波が引き起こされ、沿岸に近づいて海底が浅くなるにつれて高さを増し、広い範囲で10メートルを超える大津波が押し寄せたものとみています。日野准教授は「過去の大地震では海底が跳ね上がった高さは、最大でも2メートル程度で、今回の地震と津波がいかに巨大だったかが観測データで裏付けられた。今後も調査を続けて地震の実態に迫りたい」と話しています。

引用元: 震源の海底 5メートル隆起 NHKニュース.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中