【連載】昭和の残像 鉄道懐古写真 1 江ノ電での奇跡のシャッターチャンス | ライフ | マイコミジャーナル

江ノ電。背景の神社。おばあさんと小さな子供。シャターチャンス! このタイミングで、よく撮れたなぁと思っています。昭和の雰囲気いっぱいのお気に入りの1枚です。

この日は、江ノ電と相模線を撮影に行きました。鎌倉から江ノ電に乗って長谷駅で下車。狙いは、長谷 – 極楽寺のトンネルだったと思います。駅からトンネルへ向かって歩いていると、偶然いい雰囲気の踏切を発見。奥に神社、そこに江ノ電が顔を出す――。そんなアングルを思いながら待っていました。

しばらくすると、踏切の警報機が鳴りだしたので、カメラを構える。すると、そこに偶然にも親子が立ち止まる。少しずつ近付いてくる江ノ電の音。夢中でシャッターを切りました。

撮影から数日後、フィルムを現像。出来上がったばかりのネガの中に、このコマを見つけた時は嬉しかったですね。シャッターチャンス、ドンピシャでした。デジカメなら撮った写真をすぐにその場で見ることができます。しかし、当時は現像しない限りちゃんと撮れているのかわからなかった。だから、本当に嬉しかったです。

引用元: 【連載】昭和の残像 鉄道懐古写真 1 江ノ電での奇跡のシャッターチャンス | ライフ | マイコミジャーナル.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中