原発沖、海底の土から放射性物質 通常の百~千倍 / 西日本新聞

###面白過ぎる!!!###

福島第1原発事故で東京電力は3日、原発近郊の深さ20~30メートルの海底の土から、通常の100~千倍の濃度の放射性物質を検出したと発表した。東電が海底の土を分析したのは事故後初めてで「高い濃度だ。環境への影響は、魚介類を採取して分析、評価したい」としている。

引用元: 原発沖、海底の土から放射性物質 通常の百~千倍 / 西日本新聞.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中