土壌放射性物質除去で実験へ NHKニュース

##なかなか面白そう!!!##

東京電力福島第一原子力発電所の事故で周辺の農地から検出されている放射性物質を取り除く方法を検討するため、農林水産省は、来月から福島県の飯舘村などで、土を洗い流すといった実験を行う方針です。

福島第一原発の事故で、福島県の飯舘村と浪江町の水田から、土壌1キログラム当たり5000ベクレルを超える放射性セシウムが検出され、政府は、こうした地域を含め、原発周辺の警戒区域などについてはコメの作付け制限を行っています。農林水産省は、これらの地域で農業を再開するには、土壌の放射性物質を取り除く必要があるとして、来月から飯舘村などで実験を行う方針です。具体的には、水田に水を張って土壌をかき混ぜて洗い流す方法や、排水路に放射性物質を吸着する性質があるとされる「ゼオライト」などを使った装置を設けて、放射性物質を減少させる効果を検証することにしています。さらに、土壌から茎などに多くの放射性物質を吸収する性質が報告されているひまわりやナタネの試験栽培も行うことにしています。農林水産省は、3か月程度の実験を行ったうえで、効果が確認された方法を事業化して、土壌の放射性物質の除去を本格的に進めたいとしています。

引用元: 土壌放射性物質除去で実験へ NHKニュース.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中