ブータンの「八角」を調査する:生物多様性:ECO JAPAN -成長と共生の未来へ-

###なかなか非常に面白い!!!###

日本のお寺などでよくみかけるシキミ(樒)という植物の実は八角以上の含有量を持っているのだが、生憎、毒物のアニサチンという物質も多く含んでいて原料にするには厄介なので避けられた経緯がある。 現在、シキミ酸は八角から取るだけではなく、微生物(大腸菌にシキミ酸生成遺伝子を導入)を使った生産も行われており、インフルエンザの流行で八角の価格高騰が起こるような状況は抑えられ始めているらしい。

引用元: ブータンの「八角」を調査する:生物多様性:ECO JAPAN -成長と共生の未来へ-.

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中