IAEA 福島第一原発を視察 NHKニュース

###なかなか非常に面白い!!!###

東京電力福島第一原子力発電所の事故調査のために来日したIAEA=国際原子力機関の調査団は、27日、福島第一原発を視察し、吉田所長から事故の経緯や対応について説明を受けたほか、施設の被害状況などを確認しました。

IAEAの調査団は、イギリスやフランス、韓国など12か国の専門家18人で構成され、今月24日から日本で調査活動を始め、27日、福島第一原発を視察しました。東京電力によりますと、IAEAのウェイトマン団長らは、27日午前10時に福島第二原発の施設を訪れ、福島第一原発の吉田昌郎所長から今回の事故の経緯や対応のほか、地震や津波による施設の被害状況について説明を受けたということです。そのあと、調査団は、福島第一原発の1号機から4号機を外観から視察し、このうち3号機では水素爆発で原子炉建屋の壁が激しく壊れ、中の鉄骨がむき出しになっている様子などを確認したということです。視察は5時間に及び、調査団は、復旧作業の拠点となっている「免震重要棟」と呼ばれる施設を訪れたほか、原子炉が冷温停止している6号機で非常用のディーゼル発電機について説明を受けたということです。調査団は、28日以降、経済産業省など関係省庁から改めて説明を受ける予定で、来月1日に今回の調査結果の概要を日本政府に提出することにしています。

引用元: IAEA 福島第一原発を視察 NHKニュース.

東電、事故直後の放射線データ一部未公表 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

###とんでもなく酷く醜く激しく可笑しく面白すぎる!!!!!###

読売新聞 5月27日(金)18時5分配信

 細野首相補佐官は27日夕の統合対策室の合同記者会見で、東京電力が福島第一原子力発電所の事故直後の放射線測定データを、一部公開していなかったことを明らかにした。

東電から同日、報告を受けたという。

細野補佐官は「事故後2か月半になる今になって出てくるのはタイミングが遅い。なぜそうなったのか。ほかにも未公表のデータがないのか再確認を求めた」と述べ、東電に対して、28日に説明するよう要請したという。

東電によると、事故直後の3月11日―15日の5日間に測定した一部データなどが未公表だったという。

最終更新:5月27日(金)18時5分

読売新聞

引用元: 東電、事故直後の放射線データ一部未公表 (読売新聞) – Yahoo!ニュース.

:: Hype: 元Apple社員開発の手軽なMac用HTML5コンテンツ作成アプリ | Blog!NOBON ::

###なかなか面白そう!!!###

yebo blogさんによると、元Appleの従業員2人が開発したMac用アプリ「Hype」が評判がイイそうデス!

どんなアプリかというと、Flashを使わずに HTML5で手軽にアニメーションやインタラクティブなコンテンツが作成できてしまうアプリなんだとか!

引用元: :: Hype: 元Apple社員開発の手軽なMac用HTML5コンテンツ作成アプリ | Blog!NOBON ::.

中国・青島に「深海基地」…海底資源探査で : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

###なかなか面白そう!!!###

 【北京=佐伯聡士】「海洋強国」を目指す中国政府は、石油や天然ガス、次世代エネルギー源であるメタンハイドレートなど海底資源開発のため、深海探査技術・装備の研究や訓練などを行う「深海基地」の建設プロジェクトを始動させた。

 中国紙「中国海洋報」などによると、昨夏、有人潜水艇が水深3759メートルの潜水に成功。今年は5000メートル級の潜水試験に挑む予定で、全試験が完了し次第、潜水艇は山東省青島郊外に建設する同基地を母港として配備される見通しだ。

 同紙は「深海技術を発展させ、深海基地の建設を加速することは、国家主権と海洋権益の保護、国防力の向上にとって重要な戦略的意義がある」と強調した。

(2011年5月25日12時44分  読売新聞)

引用元: 中国・青島に「深海基地」…海底資源探査で : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

時事ドットコム:2、3号機溶融「厳しい結果」=2カ月後の公表に理解-細野氏

###メルトダウンしているかどうか分らないなんて、とんでもなく可笑しく面白過ぎる!!!!!###

事故から2カ月以上たっての公表については「データをまとめるのに時間がかかってしまい、やむを得ない」と一定の理解を示した。その上で「こういうことがあり得るという部分は、厳しくやっておくべきだった」と述べ、原子炉の状態に関する当初の見通しの甘さを認めた。(2011/05/24-20:38)

引用元: 時事ドットコム:2、3号機溶融「厳しい結果」=2カ月後の公表に理解-細野氏.

トリウム熔融塩発電とは?

###なかなか面白そう!!!###

 原子力発電に関し、人々がもっている常識は
・ウラン燃料を使用しているため
① 核兵器の原料となるプルトニウムを生産し、
② 危険な高レベル核廃棄物を大量に排出し、
・固形燃料棒を持つため、
③ 制御を誤ると暴走して、スルーマイル島やチェルノブイリのような重大事故を再現する危険がある。
というものです。
これに対し、当社が実用化する「トリウム熔融塩発電」は、従来の原子力発電と同じ核化学反応を利用した発電ですが、従来の原子力発電がウラン酸化物より成る固形燃料を使っているのとは異なり、地球に存在するもう一つの核物質であるトリウムのフッ化物をリチウム・ベリリウムのフッ化物の熔融塩(フリーべ)に溶かした液体燃料を使った発電で、
・トリウム燃料を使用しているため、
① プルトニウムを作らず、平和利用にしか使えない、従来の原子力発電の持つ最大の問題点である「核拡散」の危険性がない
② 高レベル核廃棄物をほとんど生成しない
という、クリーンエネルギー発電です。
・また、化学的に安定な液体燃料を使用し、核燃料棒を持たないため、
③ 暴走によりスリーマイル島、チェルノブイリ事故の再現は原理的に起こり得ず、また万一熔融塩が炉外に漏洩しても、空気と反応せず、ガラス状物質に固化するのみで、安全性が極めて高い
という画期的な特徴を持っています。
これに加えて、
④ トリウムはウランより地球上の埋蔵量が多い、炉の構造が単純で、発電コストが安い、小型化が容易である、燃料の再処理が容易である、などの経済性にも大変優れた特徴を持っています。

④大地震発生時には、液体燃料は自動的に地下の冷却プール内の容器に移行する。原子炉内には核燃料は無くなり、原理的に事故は起こり得ないという画期的な特長を持っています。

これに加えて
⑤核燃料の再処理が容易である、トリウムはウランよりも地球上の埋蔵量が多い、小型化が容易である、炉の構造が単純で発電コストが安い、などの大変優れた特長を持っています。

ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 : 送電網売却はほんとうに必要か?

###なかなか非常に面白い!!!###

(追記)

別の考え方として、国の作る基金(ファンド)が東電から送電網を買取り、民間発電会社から託送料を徴収、新規電力事業参入を促すというやり方もある。この場合、東電は発電会社となる。この場合は数兆円がまず東電に。国の送電会社があげる利益を、買取資金と賠償資金に振り分けるスキーム。この場合、送電網は国営(ナショナル・グリッド)になる。新しい国営企業が誕生することになる。ただ、心理的な抵抗感は大きくなりそう。今回の事故では東電の責任が問われているが、国の責任も大きい。その国をどこまで信用するかというのがこの「送電網国営案」の鍵である。

この案は東電が公的支援を受けても賠償と運営の両輪を回すことができなくなった場合に想定される。すでに東電は財務状態で「継続企業の前提に疑義」と注記するほどになっているので、一度に大量の賠償を求められた場合、送電網売却を決断せざるを得なくなる可能性はある。その場合にはやはり公社が送電網を管理するという事にした方がいい。

いずれにせよ、重要なのは送電会社を十分な議論なしに、民間企業に安易に売却してはならないということである。

参考記事:

高橋洋一:http://d.hatena.ne.jp/seikatu2000/20110513/1305278634
池田信夫:http://agora-web.jp/archives/1305863.html
その他:http://blogs.itmedia.co.jp/serial/2011/05/post-049c.html
その他:http://d.hatena.ne.jp/kota2009/20110516/1305513005#20110516f1
年次改革要望書(2001年):http://japan2.usembassy.gov/pdfs/wwwfec0003.pdf